______________________________________Make a World of Difference_______________

UPDATED: 2021/05/31

理事会

理事長 カール・ヘイル

カールのテニス歴は非常に長く、ジャマイカのデビスカップの選手やコーチとして、また、カナダのフェドカップにコーチとして参加するなど、国際的に活躍。2006年には、PTRプロフェッショナル・オブ・ザ・イヤーを受賞。プレーヤーとしては、2007年に40歳以上で世界1位になり、2010年にはPTRプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞。現在、カールは、ラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチ、シモナ・ハレプ、セリーナ・ウィリアムズらのチャンピオンが出場する世界最大のトーナメントである、ナショナル・バンクがスポンサーする「ロジャーズ・カップ」のトーナメント・ディレクターを務めている。また、「ダニエル・ネスター・チャリティ・イベント」を創設し、ノース・ヨーク総合病院とテニスカナダ・ゴー・フォー・ザ・ゴールド・ファンドに100万ドル以上の寄付を行った。また、「Helping Hands Jamaica Foundation(ヘルピングハンズ ジャマイカ基金)」を設立して50万ドル以上の寄付金を集め、祖国ジャマイカに5つの新しい学校を建設しました。その基金活動が評価され、2017年に『PTR Humanitarian of the Year(人道活動表彰)』を受賞。最近では、ウェビナー「PTR Hour」のホストや2021PTRシンポジウムでインタビューアーを務めた。彼の洞察力に富んだ楽しいインタビューは、コーチたちにテニス界で最もエキサイティングな人物たちの内側を見せてくれた。

副理事長 ディレイン・マスト

ペンシルバニア州ランカスター出身のディレイン・マストは、1986年から"WTTコミュニティ・テニス"のナショナル・ディレクターを務めるとともに、市内の高校で男子・女子テニスのコーチを務めている。テニス界で誰もが知るようになり、”Growing the Game "というスローガンを体現しています。テニスと学習を組み合わせて人生を変えるNJTL(National Junior Tennis and Learning)の支部であるTennis Centralのエグゼクティブ・ディレクターを務め、ランカスターの2,000人以上の若者にサービスを提供している。"USTA中部支部"の支部長と、"USA Tennis 1-2-3 Committee”の委員長を歴任。2010年には、USTAの理事に選出され、"Strategic Planning and Creative Opportunities委員会"の副委員長を務めた。"USTA中部支部テニス殿堂”入りをし、"USTA Eve Kraft地域奉仕賞"を受賞。PTR会員として25年以上登録しており、2011年に「ペンシルバニア州メンバー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、「PTR女性委員会」の委員長を務め、2017年には国際テニス殿堂の「教育功労賞」、テニス産業マガジンの「グラスルーツ・テニス・チャンピオン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

書記 ジョン・ボーデン

PTRのプロフェッショナルとして20年目で、最近WTEF(Washington Tennis & Education Foundation /ワシントン・テニスと教育の財団)の会長兼CEOに就任。1955年に設立されたWTEFは、ワシントンDCに2つのキャンパスを持ち、そのうちの1つは"シティ・オープン"の会場となっている。WTEFに加盟する前は、ジュニア・テニス・チャンピオンズ・センター(JTCC)のゼネラル・マネージャーを務め、JTCCの"PTR地域トレーニングセンター"としてのディレクターも務めた。元”ディビジョン-I"の選手で、ハワード大学ロースクールを卒業し、テニス業界で15年以上の経験を持つ。現在、WTEFのすべての業務を統括しています。
生涯スポーツ選手であり、実績あるリーダーであり、革新者でもあり、テニスというスポーツの成長やその他の関連業界のトピックに関する講演者として知られている。 また、PTRのシンポジウムや会議での講演も数多く行ってきている。

財務 リン・ローリー

50年以上に渡り、あらゆるレベルの指導やコーチングを行ってきていて、USTAの女子テニスディレクターを務め、フェドカップチーム、パンナムゲーム、米国ナショナルチームを指導してきた。また、バークレー・テニスクラブとモラガ・カントリークラブでは、テニスディレクターを務めた。カリフォルニア州モラガにあるセント・メリーズ・カレッジで、女性として史上初めて男子のNCAAチームのコーチを務、選手としては、全米女子ランキングのトップ10に入り、ジュニア時代はランキング1位として全米タイトルをいくつも獲得した。リンゼイ・ダベンポート、ジェニファー・カプリアティ、チャンダ・ルビン、ウィリアムズ姉妹などのトッププレーヤーを長年にわたって指導してきた。
最近では、全米トップのテニスリゾートとして常にランキングされている"La Quinta Resort and PGA West"のテニス担当エグゼクティブ・ディレクターを務めた。現在は、カリフォルニア州オリンダにある"Meadow Swim and Tennis Club"のテニスディレクターを務めている。
講演者としても有名であり、「Tennis Magazine」やその他の出版物に寄稿。また、”テニスチャンネル"に自分のアカデミー番組を持っていた。最近、「PTRアワー」のインタビューシリーズの司会を担当。PTR認定プロフェッショナル、および、USPTAエリート・プロフェッショナルであり、"国際コーチ委員会"のメンバーでもある。2008年に「北カリフォルニアの殿堂」入りを果たし、2019年には「マルチカルチュラル・スポーツの殿堂」入りを果たした。2020年には、"USTA北カリフォルニア支部"の理事に選出され、国際テニス殿堂の「教育功労賞」を受賞。

理事 マーチン・ヴァン・ダーレン

35年以上の指導歴を持ち、現在は"マイアミビーチ・テニスセンター&アカデミー”のプログラミング・ディレクターとして活躍。アメリカに移住する前は、オランダでナショナルコーチと女子テニスのディレクターを務めていた。フロリダの"サドルブルック・リゾート"で、ピート・サンプラス、ジム・クーリエ、ジェニファー・カプリアティ、メアリー・ピアース、ジャレッド・パーマー等のトッププレーヤーの練習に関わる。10年以上にわたり、USTAのナショナルコーチを務めた。2013~14年には、フィンランドテニス連盟の「選手育成ディレクター」を務めた。
著書に以下の3冊がある。
Teaching Tennis Volume 1: The Fundamentals of the Game
Teaching Tennis Volume 2: The Development of Advanced Players
Teaching Tennis Volume 2: The Development of Champions

理事 ロン・マニラ

PTRインターナショナル・マスタープロフェッショナルの一人。40年以上にわたりテニスの指導に関わっている。12面のインドアコート、10面のハートゥルー・コート、4面のアウトドアコートを持つ、全米でも有名な"ボアズヘッド・スポーツクラブ”のテニス・ディレクターを12年以上務め、施設を管理。その間、「ジュニア・エリート・プログラム」を立ち上げ、大学レベルの選手を輩出した。”ボアズヘッド・スポーツ・クラブ"は、2000年と2020年に「PTR最優秀施設賞」を受賞。
現在は、ボアズヘッドのトーナメントディレクターとして、WTA、ATP、ITAトーナメントのほか、スペシャルオリンピックスの大会やUSTA地区大会などを運営管理している他、「米国スペシャルオリンピックス」のナショナルコーチを務めている。また、40年以上の歴史を持つ”シャーロッツビル・テニス協会"の元会長を歴任。

理事 ティト・ペレス

ボリビア出身。2007年にブエノスアイレスで開催された"ODESUR Games(南アメリカ競技大会)"で同国チームのキャプテンを務め、2005年には”COSAT(南アメリカテニス連盟) Junior Circuit"でも同国チームのキャプテンを務めた。 テニス業界で25年以上も働いており、PTRとUSTAのクリニシャンでもある。 20年来のメンバーであり、PTRの”レベル2認定プロフェッショナル"であり、ニューヨークの「PTR地域ディレクター」 を務めている。 また、USTA東部支部の理事を4年間務め、同支部の「インストラクター&プロフェッショナル委員会」の委員長も務めている。
PTR国際テニスシンポジウムでいくつかのプレゼンテーションを行っており、PTRとUSTA Easternの教授陣の一員でもあります。 また、テニスビジネスをコートの内外で支援することを目的とした会社、”レスポンス・スポーツ・コンサルティング”の社長でもある。
現在は、”ゲーム・セット・マッチ・テニス・アカデミー"の本拠地であり、PTR認定施設であるニューヨーク州の"ロングアイランド・ヘルス&ラケット"のテニス・ディレクター兼スポーツ・マネージャーを務めている。

前理事長 ロドニー・ハーモン
ロドニーは、2012年7月からジョージア工科大学の女子テニスチーム"イエロージャケッツ"のヘッドコーチを務めている。選手育成には25年以上の経験があり、"イエロージャケッツ"を率いる前は、"ディアウッド・カントリークラブ”のテニス・ディレクターや、マイアミ大学の男子テニスチーム”ハリケーンズ”のヘッドコーチを務めていた。”ハリケーンズ"を離れた後、"USTAハイパフォーマンス"の男子テニスのディレクターを務め、プロを目指していたトッド・マーティン、マリバイ・ワシントン、アレックス・オブライエンなどを指導。USTA在職中には、2008年の北京オリンピックで、米国男子テニスチームのヘッドコーチを務める。また、"USTA Community Tennis”の「多文化開発担当ディレクター」として、テニス界の多様性を高めるための戦略策定や施策の実施を担当。
元プロ選手のロドニーは、1982年のUSオープンで、アーサー・アッシュ以来初めてのアフリカ系アメリカ人として準々決勝に進出。1996年と1997年にマイアミ大学の男子テニスヘッドコーチとして、「ビッグイースト男子テニスコーチ・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、1988年には「PTRプロフェッショナル・オブ・ザ・イヤー」、1994年には「PTRコーチ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
サザンメソジスト大学を卒業し、『ITA(Intercollegiate Tennis Association)の殿堂』入りを果たしている。

Page Top